*

仕事が全てではない。人生を楽しく過ごすには?

      2017/08/08

スポンサードリンク
質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょ!  はじめての方はこちら

 

こんにちは。川瀬です。

仕事が人生の全てではない。

家庭やプライベートを大切にしましょう!

 

そう。日本人はマジメすぎるんです。

あなたの人生はあなたが決めればいい。

何を大切にするのかは自分次第なのだ。

office-1548294_640

仕事が全てではない。人生を楽しく過ごすには?

あなたにとってのライフワークバランスとは?

仕事が全てでは無いんですよ。

仕事というのは自分の人生の時間の使い方の一つではあっても、人生の全てではないし、
休む時間が多すぎても仕事の時間が多すぎてもバランスを崩す。

仕事の時に休みのことを考えたり休みの時に仕事のことを考えると
どうしても、時間が足りない感覚にとらわれてしまうから、

自分の時間への感覚を自由にするために、まずは仕事に時間を奪われる、とか休む時間が無い、と考えてみるのをやめてみるといいかもしれない。

http://www.gentosha.jp/articles/-/6044

ライフワークバランスという言葉が出始めて
仕事も大切だけど、家庭も大切です。

というのは
いかにもサラリーマンが考えそうなことだ。

もちろん大切なんですけど

最初から、ライフワークバランスとか言ってる人にかぎってロクな仕事をしていないんです。

 

もし、あなたが自営業で明日の売上で必死だったら、そんなこと1ミリも考えないはずなんですよ。

もちろん休みやプライベートは大事です。
でも、そこそこ仕事して給料も休みも欲しい!って主張するのはサラリーマンだからできることなんです。

これってサラリーマンの特権といってもいいかもしれない。

 

人間の豊かさはもっと別のところにある

実は、わたしはこう思っている。

仕事もバリバリやりたいし、家庭も大切にしたい。

仕事も家庭も両方大切なんです。

だから、頑張って働くんです。

 

この時代に体育会系か?と言われそうですが、結局は給料が欲しかったらいっぱい働けよ。ということになります。

もし、月に80~100時間の残業をしていたとしても週休2日は可能ですし、日本であれば家族との時間はつくれるはずです。

 

そりゃあ仕事が滅茶苦茶忙しくなる時もあれば、家庭でいろんな行事が重なるときもあるでしょう。

そんなとき時間をやりくりする。

ギリギリのところでがんばることで成長する。

ここに人間の豊かさがあると思うんです。

 

 

本当のライフワークバランスは時間管理から生まれる

そして、そのライフワークバランスを叶えるのは、自分のレベルアップによる時間術によって生まれたます。

上手に隙間時間や時間のやりくりによって、自分の時間を生み出すことができるのだ。

あなたが収入に見合った仕事は決まっていて
休みやプライベートの時間のやりくりも、所詮自分次第なんです。

会社はなにもしてくれません。

それは、会社に求めるものではなくて
あなた自身がこの問題に取り組まなけばいけないのです。

 

人生を楽しく過ごすマインドを手に入れよう

father-1576456_640

あなたが人生を楽しく過ごしたければ
この2つの方法を行ってください。

簡単ですので安心してください。

①目の前のことに全力で取り組むこと

②常に自分をレベルアップさせること

この2つです。

全然、な難しくありませんよね。

人生を豊かにさせる方法はこの2つです。

仕事も遊びもすべてあなた自身の気持ちの問題なのです。

 

遊びも仕事も中途半端だから面白くない。

せっかくなら徹底的にやった方が何でも楽しいんです。

もちろん、南の国でのんびりするとか
温泉旅行にいくとかありますけど

それは1年365日のうちの10日くらいです。
まあ多くても15日くらいでしょうか?

それくらいの楽しみに350日を無駄にする理由にはならない。

仕事が充実するからプライベートも充実する。

僕は真剣にそう思ってます。

だから、このバランスを常にもちながらも
人生を豊かにする2つの方法を常に持ち続けること。

ライフワークバランスに頼ることなく
あなた自身が自分の人生を楽しんでしまえばいいんですよ。

そう。目の前の仕事だってきっと楽しめるはずですから。

 

 

LINE@始めました!

今なら特典プレゼント中です。

友だち追加

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

スポンサードリンク

 

 - マインド