*

ノリの悪い営業マンは許されるのか?

      2016/12/30

こんにちは。川瀬です。

これから、忘年会シーズンです。
お付き合いも含めて、このシーズンを
楽しみに感じるのか、苦手に感じるのか?

特に会社でのお付き合いについて考えてみましょう。

silhouette-767992_1920

飲み会が苦手な人には苦痛で仕方ない

これから、12月の忘年会シーズンでは
いろんな飲み会が増えてくると思います。

わたしが尊敬するコンサルタント「横山信弘」氏が
こんな記事を書いていました。

年末年始が近付くとなど、会社員たちはいろいろな行事に駆り出されるものです。会社の行事なら断ることは難しいでしょうが、「半分仕事・半分プライベート」だと判断に迷うケースもあることでしょう。いわゆる「お付き合い」と呼ばれるもの。「二次会」「三次会」という類も、「ノリが悪い人」には大変な苦痛です。
「忘年会」などの会社の行事とはいえ、「一次会」で帰りたいと意思表示しても、「おいおい二次会に参加しろよォ! ノリが悪いぞー!」と絡まれるのがオチです。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151125-00051795/

スポンサードリンク

 

すべてに付き合っていられない

非常によくあるケースです。
とくに若い人はこういったケースがあるでしょう。
こういった場合、どう対処していきべきなんでしょうか?

横山氏は続いてこういっています。

ただ単に「ノリが悪いだけ」だと、組織の中で孤立していく可能性もあります。
ですから、ノリが悪くても許される存在――になることが大切です。

ノリが悪くても許される存在になるには、本業で圧倒的な結果を出さなければなりません。誰もが一目を置く、誰もがリスペクトする、多少のワガママを言われても誰も反論できない、と思わせるような実績を上げることです。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20151125-00051795/

この記事の中では最低限のお付き合いは必要だが
無理してお付き合いに参加する必要はない。と言っています。

そして、お付き合いに誘われない態度と結果を求めています。

お付き合いに付き合わなくても大丈夫

会社の社風や上司のタイプによりますが
最近は、お付き合いを強制する会社も少ないでしょう。

でも、あなたが勇気を出して
「今日はいけません。」と勇気を出して断るのです。

そして、あなたが信念をもって断るのです。

信念とは、「ただ行きたくないから行かない」と断るのではなく
日頃から、仕事に真剣に取り組みしっかり結果を出すことで
断ることに説得力を持たせるのです。

 

スポンサードリンク

 

営業マンとしてやるべきこと

説得力とは、営業マンであれば「売上」です。
あなたは、営業マンとして「売上」をしっかり上げるのです。

これだけは絶対です!

成績は悪い。付き合いにも参加しない。
となると、あなたの評価もさがり
別の意味で、居場所もなくなります。

営業マンとしてあなた自身がやることをやる
営業マンとして与えられた仕事をこなす。

まだまだ、未熟だと感じるのなら上司や先輩にお付き合いをして

しっかり営業の仕事を教わるくらいの心構えが
適切なのではないでしょうか?

 

あなたに贈る最高の営業マンになれる方法

すべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法
https://3e3v-ltd.com/eigyouman/?p=279

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 営業へにほんブログ村

営業 ブログランキングへ

 - ノウハウ