*

人との関わりを大切にしよう!おせっかいな営業マンがお客様を救う!?

      2017/07/14

スポンサードリンク

質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょ!  はじめての方はこちら

 

こんにちは。川瀬です。

 

先日、ある取引企業さんのミーティングに参加しました。

その中で出てきた「ある一言」が良かったんです。

 

それは「関わりを喜びに変えよう」というもの。

人間関係の関わりが希薄になるこの時代に「なんで?」と感じるかもしれません。

 

しかし、人と人とが関わるということがどういうことなのか?

そして何が起こるのか?ということを今回はシェアしていきますね。

child-929935_1280

「関わりを喜びに変える」というスローガン

 

ミーティングの冒頭で社長さんが言いました。

「関りを喜びに変えよう!」

 

その企業さんでは、「関わりを喜びに変える」というのが1つのスローガンなんです。

企業や会社は人が成長して、初めて成長します。

その成長は社員同士、人間同士の関わりから生まれるものです。

 

どういうことなのか?というと

要するに、おせっかいなんですよ。簡単に言うとね。

 

しかも、能動的にこちらから人の世話を焼くんです。

面倒くさいですよね。そうなんです。

でも、人は関わることで成長するんです。

 

そこでふと気づいたんですよ。

営業マンはお客様との関わりで成長出来る

営業マンも同じだなと。

営業マンは、お客様と関わらないと成長しない。

あなたが営業マンとして成長するのは
積極的にお客様とかかわりを持つことが大切なんです。

 

だから、もっとお客様と関りを持ってお客様の要望に応えるべく自分ができる限りのお手伝いをする。

ここに最大の成長ポイントがある。

 

好きな女の子に告白をしました

例えば、好きになった女の子に告白をして
その女の子ととデートに行くことになりました。

あなたはその女の子に喜んでもらうために
どこに行って何をすれば喜んでもらえるのか?

いろんな情報を調べたりする。

そこで、もっと「こうしよう」とか「ああしよう」とか考えるから成長する。
喜んでもらったときのことを想像するから、頑張れるんですよね。

 

おせっかいがお客様を喜ばせる

あなたもわたしも営業マンですから給料や売上も欲しいけど
「お客様からのありがとう」が最高なんですよ。

だから、営業マンはどれだけおせっかいになれるか。

ここがポイントです。

そんなこと正直、面倒くさい。暑苦しい。
そんな風に言われるかもしれません。

でも、最終的にあなたの想いがお客様に届けば
お客様はきっと喜んでくれるはずです。

 

でも、あなたはお客様に「嫌がられるかもしれない」といいながら、プライドが邪魔をして動けないのかもしれません。

 

ちっぽけな「プライド」を捨てることができるか

おせっかいにすることは面倒くさいと思われるっことを超えていかなければいけません。

そこには、プライドという大きな壁があります。

 

ニコニコと少し相手にすり寄って行いかなくてはいけない時もあるでしょう。

 

しかし、相手の警戒心を超えるには

あなたがここでお客様の心のガードを下げるようにあなたはプライドを捨てなくてはいけません。

 

そうでなければ、あなたの話を聞いてはくれません。

ふんぞり返っていては、いつまでたってもお客様との関わりを持つことができないのです。

 

そんな小さなプライドはさっさと捨ててしまいましょう!

 

本物の営業マンが持っているプライドとは?

あなたが持つべきプライドは

本物の営業マンとして、

「お客様の要望を叶えること」

そして、「問題を解決しお役に立つこと」なんです。

 

あなたが何をしていきたいのか?

最後はこの想いの強さによります。

「うるさい」という子供に、あなたは母親のように接する。
何があろうともお客様の幸せを願う。

そこが本物の営業マンのマインドなのです。

営業マンとして、お客様と真剣に向き合うこと。

「絶対に幸せにするんだ!」という想いがお客様に伝わるかどうかです!

 

本物の営業マンになるためにおせっかいになろう!

 

※本物の営業マンになれる方法はこちら
・営業マンの仕事の使命とは?
・営業マンの心得(マインド)

 

 

更新情報など、LINE@で受け取ることができます。

LINE@始めました!

今なら特典プレゼント中です。

友だち追加

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

スポンサードリンク

 - コミュニケーション