*

しくじり先生のオリラジ中田敦彦に学ぶ!お客様を説得するプレゼン術

      2017/07/27

スポンサードリンク

 

質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょ!  はじめての方はこちら

こんにちは。川瀬です。

先日やっていたバライティ番組「しくじり先生」をみていたら、オリラジ中田敦彦が出てまして、

彼のプレゼン力にかなり驚異を感じました。

とにかく見ている人を魅了するプレゼンが素晴らしいんです。

 

あっちゃんやるね!

でも何故だろう? 何がそう思わせるのか?

つい引き込まれてしまうトークの内容は、他と何が違うのか?

気になる!ということで、これは営業マンとして、ビジネスマンとして今後プレゼンをするヒントになるのではないか?と思いまして、いろいろと調べてみました。

postseven_371390_0
media.image.infoseek.co.jp

 

オリラジ中田敦彦に学ぶ!お客様を説得するプレゼン術

ネットでも「オリラジ中田のプレゼン」が話題になってた

 

営業マンは「中田敦彦のプレゼン」を絶対に真似するべきだ!

まずは「しくじり先生 オリエンタルラジオ 中田敦彦名言集」の動画を見てほしい。

どうでしたか?面白かったですよねぇ。名言が素晴らしいです。

なぜか納得してしまう。なぜなんだろうか?

 

中田のプレゼンの素晴らしさを3つまとめてみました。

 

①とにかく自信たっぷりで堂々としている。

彼はどんな時でも、臆することなく自信をもってプレゼンしています。自信があるように堂々とすることは見ている人を魅了します。

さすが一度、芸人として地獄を見た人は肝が据わっています!

 

自信が無くても良いんですよ。プレゼンが上手い人になりきれば良い。

彼はまさに役者のようになりきっています。

プレゼンをする上で、自分の主張を自信をもってすることはとても大切なことです。

堂々と胸を張って(声を張って)プレゼンしよう!

 

自信をつける方法・売れる営業マンの4つの自信

 

②自身の失敗した経験が説得力を生む

ブレイクした後、徐々にオリラジとしての人気が落ちて、自分たちが芸人として様々な試行錯誤を繰り返したと語っていますが、

紆余曲折を乗り越えたのちに今の活躍をしているので、話の内容に説得力を感じます。

 

説得力って、テクニックよりもその人の人間性がにじみ出て生まれるものなんですよね。

失敗した数だけ、人間味が強くなる!

とにかく失敗を恐れず、チャレンジし続けることが大切なんです。

 

③ドキッとするような強烈なキーワード

彼のプレゼンは「キーワード」が特徴的です。

ちょっと、ドキッとするキーワードで注目させて、その後に本来伝えたいことを伝える。という構成ですね。

プレゼンに慣れてしまったお客様には、ちょっと「ドキッ」とするぐらいのプレゼンが求められるかもしれません。

 

あくまでも注目させるだけテクニックですが

ビジネスの世界では、まだまだ使われていないです。

どうしてもビジネスの現場では

こんなこと言ったら相手に嫌われるかな?
あんなこと言ったら、笑われるかな?

と控えめなプレゼンがおおいです。

誰もが相手に気を遣って、思いっきりプレゼンできないんですよ。
(もちろん自分も含めて)

 

でも、中田敦彦のプレゼンでは興味性の高い、強烈なキーワードのオンパレードでした。

とにかくインパクトが強い。

俺のプレゼンを聞け!と言わんばかりの
惹きつけまくったキーワード。

かなり計算されてるはずです。

そして、練りこまれた脚本も注目ですね。

 

曖昧な表現はしない。そして逃げない!

オリラジ中田敦彦のプレゼンの特徴は
とにかく、曖昧な表現はせず、主張をはっきり言いきっています!

「~です。」「~である。」「こうだ!」

自分の主張をハッキリ言いきっていて

「~だと思う」「~かも」「~っぽい」

などの逃げた表現はしていませんので主張に対し、覚悟が見えています。

 

これが、オリラジ中田敦彦のプレゼンの特徴でした。

今後あなたが行うプレゼンの場面で、1つでも意識して使ってるみてください。

 

参考記事
プレゼンを成功させる営業マンは事前準備がすべてであると知っている
営業が信頼関係が無い状態でのプレゼンを成功させる
しくじり先生の製作者が語る「愛されるしくじり話の披露法」とは?

 

【補足】プレゼンを成功させるための方法

参考にこちらもご覧ください。

プレゼンを成功させるための7つの法則
1.格好をつけず本当のことだけを話せ
2.聴衆に意識を集中し、目をみて話すつもりで語りかけよ
3.簡潔にまとめれば効果は倍増
4.不安はつきものと心得るべし
5.スライドには見出しだけ
6.写真を使って説明する
7.質疑応答を最後の10分間にまとめない

http://forbesjapan.com/articles/detail/5477

 

やっぱりプレゼンといえばジョブズです。

ジョブズのプレゼンは素晴らしいものがあります。でもなぜジョブズはそんなにプレゼンがうまいのか?

ここに詳しく書かれてますので、勉強して下さい。

おもしろかったのでお勧めです。

しくじり先生 俺みたいになるな!! DVD特別版 〈教科書付〉 第1巻

 

 

スポンサードリンク

 

LINE@始めました!

今なら特典プレゼント中です。

友だち追加

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - 商談・プレゼン