*

AKB高橋みなみの「リーダー論」は営業マンにおすすめ!

   

スポンサードリンク
質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょー!  はじめての方はこちら

 

こんにちは。川瀬です。

先日みつけた記事が面白かったのでシェアします。
なんといっても多忙で売れっ子なアイドルAKBの総監督「高橋みなみ」

今回は、記事から感じる苦悩と経験を学ばせてもらいましょう。

 

AKBでの経験を語る高橋みなみ「リーダー論」

1https://m.newspicks.com/news/1342836/

AKB高橋みなみのリーダ論

AKB48の総監督として活躍し、今年4月での卒業を発表した高橋みなみ。総勢300人を超えるグループをまとめあげたリーダーシップは、ファンだけでなく、各方面から注目を集めている。そんな高橋が、活動10年目の節目に出版した『リーダー論』。もともとはリーダータイプではなく、「私は劣等生」「凡人なりにもがき続けた」と語る高橋が、苦悩の末に導き出したその答えとは。2日連続全2回。

https://m.newspicks.com/news/1342836/

このインタビューはリーダーとしての姿勢が主にされています。

高橋氏が出した書籍のインタビューでもあるので、当然なんですが
特によかったのは、コミュニケーションの取り方についてでした。

 

お客様との関係構築の参考になる

私が一番大切にするようになったのが「一対一の関係性」。
どれだけ一人ひとりと一緒の時間を過ごして、濃い密度の関係を築けるかということでした。

わたしもあなたも接客業であり営業職ですよね。
お客様との信頼関係があって、はじめて商談は成立する。

そして、出来る営業マンはお客様にとってのリーダーである。
お客様を成長させて、向かうべき方向へリードする

これが本来のお客様との関係なんですね。
もちろん時間は限りがありますが心がけていれば
自然と時間がつくれると思います。

そして本も読破しました!

これだけでは分かりにくいので
本を購入し、さっそく読破しましたので気になったことをまとめました。

 

信頼関係の築き方を学んだ

「信頼関係はコミュニケーションの積み重ね
お客様ひとりひとりといい関係を築くためには時間も気力も必要!
AKB高橋はこう言っている。

そして更に本の中でから大切なフレーズを抜粋すると…

・肩書きやプライドを捨てて、身近な存在になる
・相手の名前を必ず呼ぶ
・ありがとうを口癖にする
・グチを聞けば、本音が聞ける
・悩みを打ち明けられたら答えをいうのではなく、理解をしてあげる
・時には弱さを見せる
・落ち込んでいる時こそ 褒める

 

300人をまとめ上げるコミュニケーション術

AKB総勢300人のグループを任せられた「高橋みなみ」

あくまでリーダー論という観点ではなく
営業マンがコミュニケーションをとるには?という観点で読んだ。

だから、あくまで参考になるのは
「コミュニケーションの部分」であったが
AKBという300人を超えるグループをまとめるだけの
器と想いが苦悩のなかにもにじみ出ている。

 

 今日のまとめ

お客様との関係で一番大切になのは「一対一の関係性」。
どれだけ一人ひとりと一緒の時間を過ごして、濃い密度の関係を築けるか?

これがコミュニケーションであり
この積み重ねがあなたの信頼関係となり
営業マンとして売上となっていくのです。

 

今日はここまで!おわり!

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - 読書