*

売らなくても「売れる」状態をつくる方法

      2017/06/14

スポンサードリンク
質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょ!  はじめての方はこちら

 

こんにちは。川瀬です。

あなたが何年か営業マンをしているのなら
1度は考えたことがあるのではないだろうか?

勝手に売れてくれないかなぁ…と。

もしかするとそれを叶えられるかもしれない。
「売らなくても売れていく状態」をどうやったら作り出せるのか?

一緒に考えていきましょう!

sailfish-954060_640

売らなくても「売れる」状態をつくる方法とは?

もし自分がお客さんの立場ならどうだろうか?

あなたがもし、本気で、「売らなくても売れていく状態」を作り出したいのなら、「もし、自分がお客さんの立場なら、果たしてこれを買うだろうか」という問いを自らに投げかること

平成進化論 メルマガより

「売らなくれも売れていく状態」が作り出せたら最高だろう。
要するに何もしなくても売れるということだ。

お客様が「欲しい」と思ってもらうということ。
それは「お客様の立場になって考える」ということだ。

本当にあなた自身は、その商品やサービスが欲しいと思うのか?
そして、その商品を愛用しているのか?ということだ。

もし好きでもなく使ってもいないのだとしたら、せめて好きになる努力をしなければいけない!

自分がその商品を好きになる努力

①その商品を実際に使ってみる
②その商品を好きな人になぜ好きなのか?を聞いてみる
➂その商品を生まれた背景を聞き出す

売らないといけないのなら、売れるような努力を自分がするしかないと思います。

好きではない商品を売らなければいけない時の対処法

もし、あなたが自社商品を売れないと嘆いているのなら、上記の3つに取り組んでみてほしい。自社の商品の開発チームは「ダメだ」とか「お客様の気持ちがわかってない」とかいう前に、その商品を好きになる努力をしてみよう。

さらに売らなくても売れる方法を紹介!

 

セールスレターを使った売らなくても売れる方法

できる営業マンは、セールスレターを効果的に使って
お客様との接点を増やし、忘れられない努力をしています。

他の営業マンとは違う何か。
出来る営業マンのとっておきの戦略「セールスレター」を活用して
お客様との信頼構築に役立ててみてください。

お客様に会わずして売るとっておきの戦略とは?

セールスレーターとは、お客様に直接会うことなく情報を定期的に届けることだ。
それが、お客様との接点となる。

お客様の欲しい情報を定期的に営業マンが提供することで
お客様に売り込むことなく、相手から「欲しい」と言ってもらうことだ。

ここでも、「お客様の立場に立つ」お客様視点を忘れてはいけない。

bar-1218744_640

何を求めているのか?

お客様の要望は常に移り変わっている。
そして、情報が過度になっているので「迷っているのだ」

だから、お客様の要望を常に確認する必要がある。

お客様の要望を確認する一番の方法は直接聞き出すことだ。

 

お客様の要望を聞き出す方法まとめ

参考の記事を見てみてください。

売れる営業マンの必殺技「ヒアリング」の極意とは?

質問型営業になるための方法とは?

カウンセリングとヒアリングって何が違うのか?

 

さて、「売らなくても売れていく状態」が出来そうだろうか?

これも営業努力の一つですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - ノウハウ