*

アドバイスを人に聞くべき相手を見極める方法

      2017/06/04

スポンサードリンク
質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょ!  はじめての方はこちら

 

こんにちは。川瀬です。

意見を聞くべき相手・聞かなくていい相手がいます。

素直に意見を聞くことが美徳とされていますが
本当にそのまま受け止めていいのかどうか?

アドバイスは欲しいけど、それってホントに信じていいのかな…?

direction-1033278_640

アドバイスを人に聞くべき相手を見極める方法

誰彼となく意見を鵜呑みにすると間違うときがある。

でも、みんなわりと誰が言った意見か?を飛ばしてなんでもかんでも真に受けちゃう。
だから、必要のないところで迷って停滞する。

http://hibinokeiko.blog.jp/archives/66245259.html

自分が迷っているとき、いろんな意見を聞いたりする。
何が正しいのか?どうすれば失敗しないのか?

でも、結局いろんな意見を聞いて動けなくなる。
それって本末転倒なんですよ。

自分が迷っている場合に意見を聞いて背中を押してほしいのに
色んな意見を尊重し過ぎて動けなくなる。

だから、誰の意見か?誰に意見を求めるのか?は大切なことです。

 

無責任な意見に振り回らされるな!

距離がなんだか近すぎる、色々と好きに意見をいってくる。
でもよく考えたら、なんのリスクも責任もその人はとってないよな・・・。

そういう人は微妙。ドリームキラーになることがあります。

http://hibinokeiko.blog.jp/archives/66245259.html

人の意見はしょせん無責任なものですから
話半分に聞いたりするくらいでちょうどいいんじゃないか?

最後に決断するのはあなたですから。

わたしが相談に乗るときに気を付けているのは
基本は相手に考えさせることを心がけています。

いろんな状況や可能性があって
いいことも悪いこともあるわけですが

その中で、相手は何を選ぶのか?は自分で決めてほしい。

背中を押してあげることもあるけど
それは、相手の気持ちがしっかり理解できた上で
意見を言ってあげるようにしている。

意見を求めたとしても解釈は自分で決める

「誰の意見か」によって、 受け止め方は変えていいとわたしは思う。

http://hibinokeiko.blog.jp/archives/66245259.html

誰に相談するのか?ということが大切なんだと思う。
特に大きな決断に迫られた場合は誰もが迷います。

そんなときは、色んな人に相談してみたいと思います。
でも、そんな時の意見もどんなアドバイスも間違っていないですからね。

そんなときに自分の味方をしてくれる人の意見を聞きたい。
その人が味方かどうかを見極めるのも、あなたの気持ち次第だったりするけど。

 

短パン社長の奥谷氏はブログでこう言っていた。

自分に全て原因があることを。

だから自分を信じて、行動するしかない。そこから始めないと何も始まらないよ。

http://tanpan.jp/blog/archives/9818

結果はやってみなくちゃわからないし
あの人の言うとおりにやったけど、失敗したと思っても

その人のせいにする訳にいかないし
結局、責任取るのは自分なんですからね。

自分が「こうしよう」と決めたことに対して
ある程度はやってみたい。やり通してみて結果を見たいんですね。

だから、まずは自分を信じて決めたことをやり通す!

でもそれってわがままなんでしょうか?

自分の信念を信じるべきか、他人の意見を聞くべきか?

 

今回のまとめ

改めて今回の内容を振り返った見ると、自分でも迷ってるのがよくわかります。

そして、色んな意見を聞いて自分で納得してるんです。
「これでいいんだな?」「これでいいんだよな?」って。

上手くいかないことがあると自信なんてすぐなくなっちゃうから
こういって迷っているときこそ、素直になる必要があります。

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - ノウハウ