*

日本で子供2人を育てるためのの適正年収を調べたら驚きの結果だった!

      2016/12/29

スポンサードリンク

 

こんにちは。川瀬です。

面白い記事を見つけました。
日本で子供2人を育てるためのの適正年収はいくらなのか?というものです。

わたしも家族があるので気になります。
どれくらいの年収があればやっていけるのか?

さて適正年収はいくらなのか?

family-1671088_640

日本で子供2人を育てる適正年収とは?

この記事ではこう結論づけています。

子供2人を育て上げる3つの条件である

  1. 年収の5倍程度の住宅ローンを完済する
  2. 子供2人を奨学金を借りることなく大学を卒業させる
  3. 必要とされる老後資金3000万円が貯蓄できる

これらをクリアできる年収は、30歳時で650万円という年収が必要であるという結果が出てきました。

もちろん、やってみなくちゃわからないから、これがすべてではないです。
そして、都市部と地方では、生活にかかる経費も変わって来るから、あくまで一般論です。

でも…。年収650万って。しかも30歳でしょ?
超一流企業のエリートですか?

日本の30歳の平均年収が440万と言われている中で、30歳の時点で650万の年収のハードルは高いでしょう。

30歳時年収が650万円に達しているサラリーマンは DODA調べによると、わずか10%にも満たないことが分かるからです。

10%と言ったら10人に1人。そして100人に10人です。
いやいや。とんでもないことですよ。これは。

なんでこんな結果になっているのか?というと
特にお金がかかるのは、大学の教育費みたいです。

・学費
・アパート代
・食費

さらに携帯代、交際費など費用が掛かります。

この時代、大学に行かせることにどれだけの優位性があるのかは、大学に行かなかった(バカなので行けなかった)自分としては疑問に感じるところではあるけど、子供が大学に行きたいと言われればなるべく希望通り行かせてあげたいのが親の心情です。

困ったなぁ。自分で生活水準を下げる努力が必要かも。

イケダハヤトさんの田舎暮らし

【本山町の山奥】

  • 家賃:30,000円(駐車場付き)
  • 食費:20,000円
  • 水道光熱費:10,000円
  • 通信費:8,000円
  • 交際費:10,000円
  • 交通費(ガソリン代含む):10,000円
  • 雑費:20,000円
  • 合計:約12万円

実際にはもうちょっと贅沢してますが、常識的な範囲で節約ライフを楽しむと、このくらいになります。家族4人でこんな感じなので、独身だともっと削れますね。田舎に行くと、家賃1万円の家とか普通にありますし。

比較するところがちょっと違うかもしれませんけど、
でも、現実こうやって暮らしている人がいるわけで
生活するために仕事をしている場合は、生活コストが高ければ
それだけプレッシャーを抱えて働くことになるんですよ。

お金がない。お金が足りないという恐怖感

貧困の海を泳ぎながら、私は『恐怖』について考えていた。お金がないことはいまにはじまったことではないけれど、いくつになっても胸のドキドキを抑えることができない。お金がないことは、要するに恐怖だ。

今まで自分は実家で両親と住んでいたから不自由なく暮らしてこれたし、
もちろん年頃になれば自分も働いていたので、お金に困ることは無かった。

そして今、自分もいま新しく家庭を持ち、子供が生まれて、自分の収入のみで家族を養っている中で、今後お金が足りないという状態になるかもしれない。

もちろんある程度の収入を得ているので暮らせるだろうが子供が大学に生きたとなったら大変だ。だからと言って生活に余裕やゆとりがない状態というのは嫌だし、生活水準をさげるということは結構ストレスに感じるだろう。

お金に縛られると心まで貧しくなる。

頑張って働くしかないのか・・・?

sport-1260817_640

家の住宅ローンを組んで借金した30代の初めごろは苦しかったです。
子供も小さいので、自分の給料だけで家族を養っていたし、
特に5月の固定資産税と自動車税などは貯金を切り崩してた。

だから、この状態を一刻も早く抜け出すように気合いを入れて働こうと思った。

そういった動機が必要なのかもしれない。
家族をもった男の責任だから頑張るしかないんだと。

家計が苦しいのに、遊びに行くわけにもいかないから黙々と働きました。
ただ、働けば少なくてもマイナスにはならないですから。

遊ばなければお金を使うこともないんですよ。

でもせっかく働くなら、お金のため生活のためだけだと辛くなってくるんです。

だから仕事をもっと楽しめるようにしよう。
そして、仕事を遊びのように取り組めるようにできないか?
と考えて工夫してやってきたわけです。

そして、こうやって考えれば何とかなるもんです。

出来る営業マンは仕事に恋をしています。仕事をすること自体が嬉しいのです。

仕事によって、感謝されます。お金も入ります。

営業マンとしてお客様の要望に応える。
売上をつくり、会社の期待に応える。

ただそれを人よりも多くの時間を優先的にやってみて欲しいだけです。

そしたら、お客様が本気で喜んでくれる。
あなたを必要としてくれるようになるんです。

これ以上のことってないんですよ。ホントに。
だから、まずは目の前の仕事に真剣に取り組んでみましょう!

今回のまとめ

話がそれまくってしまいましたが
日本で子供2人を適正年収が高いので

仕事を頑張っていくとか、生活コストを下げるとか
将来と長期的に考えたときに変化しなくてはいけないことがあります。

どんな人生を選ぶのか?はあなた次第です。

例えば、仕事を頑張りたいのなら
「営業が楽しくなる!売上げを120%上げる方法」をどうぞ。

少しでも楽しく自分も働けるような工夫が必要なのだ。

 

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 営業へにほんブログ村

 - 日記