*

売上を上げたかったら、目標を明確に具体的に設定しよう

      2017/02/27

スポンサードリンク

 

こんにちは。川瀬です。

 

売上が上がらないのは、様々な要因があるでしょう。
1つではないし、それぞれの状況や経験年数に応じて課題があるでしょう。

しかし、この問題であることが多いのです。

それは、「目標を明確に設定しいない」「具体的に設定していない」ということです。

destination-1285851_640

売上を上げたかったら、目標を明確に具体的に設定しよう

売上をあげたらったら、目標をクリアしたかったら
目標設定の段階で、より明確に具体的に設定するべきです。

例えば

どのお客様へ

なにを

いつ

どのようにアプローチするのか?

ということを明確に具体的に設定していきます。

自分が決めた目標に向かって、どういった道をどれくらいのスピードで
いつまでに進んでいくのかを決めるのです。

目標を明確に具体的にすることではじめて「行動」ができるようになります。

 

目標を明確に具体的にすることが出来たら…

目標を明確に具体的に設定出来たらどうするのか?
あとは「行動」あるのみです。

ここで、必ず最初の壁にぶつかります。
自分が思っていることが「上手く」いかない。という現実です。

目標を決めた。具体的に明確に決めてみて
実際、行動してみたがうまくいかないことなんか絶対にあるんです。

ここからが本当の営業のはじまりです!

 

毎日をどうやって過ごすのか?
目の前のことをコツコツ頑張る。これも大切なんですが、1年後、3年後どうなっていきたいのか?今はどこにいるのか?どうすればそこに行けるのか?を明確にすること。

目標もなくコツコツやっても成果は出ません。

そして目標を立てるだけで成功したら誰もが成功します。
大切なのはこの後です。

 

目標設定は大切だけど、それだけでは成功しない。

目標を立てたから、出来るかというとそんなことはない。
言うだけだったら、誰でも出来る。

夢を語れと言えば、語ることくらいできる。
成功するために一番大切なことは、目標をクリアするために
どれだけ行動できるのか?ということなんです。

目標設定は大切だけど、それだけでは成功しない。

当たり前なんですけど、大切なのは行動です。

ここでよくあるのが、とにかくやればいいんですよ。という人。

間違いなくやればいいんだけど、せっかくやるなら
計画性をもってやったほうが成功する確率は高い。

だから、目標をより具体的に明確にしておくことが必要なんです。

 

迷う前にまずはやると決める!やると宣言しよう!

cropped-cropped-stage_5-981

以前こんな人を紹介しました。

サハラ砂漠や南極、北極どこまでもマラソンする変な日本人

この日本人はマラソンのプロでもなんでもなくて
ただの企業の社長なんですが、マラソンを始めたら面白くなってきて
サハラ砂漠や南極にも挑戦している日本人がいるんです。

その人はこういいました。

エントリーする前に「できるかできないか」考えていたら、大会に応募していなかったかもしれない。でも「できない理由」が思い浮かぶ前にポチリすることで、「どうやってできるのか」というHow toを考えるようになるんですよ。

http://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/09/18/4769/

そうです。出来ない理由を考える前に「どうやったらできるのか?」を考えること。

目標を設定して、その目標をクリアするために
より具体的に明確にしていくプロセスにこの「どうやったらできるのか?」があります。

 

今回のまとめ

売上をあげたい。成功したい。そう思うでしょう。
そのために目標があります。

でも、その目標を決めるとき失敗を恐れるあまり、無難な目標にしてしまったり、目標を明確にしなかったりします。

それはもしかしたら、最初から「できない」と思ってませんか?

できる出来ないを考えるのではなく、まずは「やる」ときめるのです。
それから「どうやったらできるのか?」を考えましょう。

最初に「やる」と決めれば、あとはアイデアが沸いてきます。

その「どうやったら出来るのか?」のプロセスの中から
目標を具体的に明確にする「アイデア」が生まれてくるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - 売上目標