*

おちょぼ稲荷の正しい参拝の仕方を完全解説!恥かく前に見直しておけ!

      2017/02/27

スポンサードリンク

 

こんにちは。川瀬です。

おちょぼさんに行ってきました。

 

岐阜の人はさることながら、「おちょぼさん」という名前を近隣の人は一度は聞いたことがあるでしょう。

正式な名前は「千代保稲荷神社」ですが、地元では「おちょぼさん」と言って昔から親しまれてきました。

今から約500年前の室町時代、森八海が須脇の里を開き、八幡太郎義家の霊璽を祀ったのが始まりと伝えられています。“おちょぼさん”の愛称で親しまれ、各地から年間200万人の参拝者が訪れます。

海津市観光協会

 

これから、おちょぼさんに行ってみたい人にわかりやすく解説していきたいと思います。

引用:NAVER

 

おちょぼ稲荷の正しい参拝の仕方を完全解説!

おちょぼ稲荷神社って?

まずは、おちょぼさんって何?という方のためにも一応予備知識として知っておいてください。

日本三大神社の1つとされている(京都 伏見稲荷、豊川 豊川稲荷、岐阜 御千代保)岐阜県海津市にある神社で平安時代から続く、歴史の古い稲荷神社です。

平安時代、源八幡太郎義家の六男の義隆が分家する際、森の姓をもらいうけ、義家より「先祖の御霊を千代に保て」と祖神と共に宝剣と義家の肖像画を受け賜わったのが始まりと伝えられる。千代保稲荷神社の名も、この言葉からきている。

千代保稲荷神社wiki

 

地元では、知らない人がいないくらい有名で人気の神社なので、正月3が日を過ぎても、これだけの混雑ぶりです。

おちょぼさんは人気の神社ですので、覚悟していきましょう。

道幅も狭いですし、道の両幅には露店やお店が並んでいるために、混雑していることが多いです。
(特に月末の月並祭は込み合っています。)

さて、ここからはおちょぼさんでの正しい参拝方法をお伝えしますね。

 

おちょぼさんでの正しい参拝方法

まずは柄杓で手と口を清めます。

 

「油揚げ」と「ろうそく」を購入する。(※セットで50円)

http://asai1966.exblog.jp/16793071/

 

ろうそくを立てて、火を灯す

参拝する場所が3か所ありますので、順番に紹介していきます。

 

参拝① 賽銭と油揚げを投げ入れて、2礼2拍手1礼します。

 

参拝② 賽銭と名刺を挟み、商売繁盛を願いながら、2礼2拍手1礼。

 

参拝➂ 賽銭を投げ入れて、2礼2拍手1礼。

これで終了です。

 

とにかく串カツとどてを食べよう!

おちょぼさんでは、串カツとどてを食べましょう。
参道では、あちこちの露店で販売していますので、ぜひ堪能してください。

ホントはビールと一緒にいただきたい!(けど車だとそうは行きません…。)

東海地方ならではの「みそ串カツ」はとにかく絶品で、揚げたての串カツを味噌だれにくぐらせます。

アツアツの串カツがとにかく美味しい!

どて煮も一緒に食べてください! キャベツもタダなので、一緒に食べ放題です。

最近は、いろんな串を売るようになってきていました。海老とかまぐろとか、もう何でもありです。いろいろお店も努力してるんですね。

 

おちょぼ稲荷 1番人気は「玉屋」

おちょぼ稲荷で1番人気の串カツ屋は「玉屋」です。

http://sakak.hatenablog.com/entry/2014/02/12/213807

 

金ぴかの店内

金ぴかの社長

 

黄金に輝く輝く串カツ屋「玉屋」は変なお店だけど、味は本物です。

おちょぼさんに来たなら、一度寄ってみましょう!

 

串カツ玉屋 アクセス

 

おちょぼさんは月末に行け!

とくに、毎月月末の夜から明け方には、「月並祭」が夜通しで開催されていて商売の神様が祀られていることもあり、多くの参拝者でにぎわいます。

この参道を埋め尽くす「門前町」には、約100件以上のお店が連なっています。
熊手をはじめ、名物の草餅やなまずの煮付け、漬物、大判焼きなどが売られています。

参拝前でも、参拝後でもこの「門前町」で楽しめますよ。せっかくおちょぼさんに来たのなら、グルメにお土産に楽しんでいってください!

 

おちょぼさんへのアクセス

住所:岐阜県海津市平田町三郷1980

公共交通機関で行くことはできません。ですので車で行くことをお勧めします。

周りに民間の駐車場がありますので利用してください。(300円程度で安い!)

駐車場マップはこちら

お千代保稲荷 google map

大垣インターから約15分で行けますので、一度是非お越しください。

 

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - 日記