*

プレッシャーに負けないための対処法

      2017/03/21

スポンサードリンク

 

質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょー!  はじめての方はこちら


こんにちは。川瀬です。

最近プレッシャーを感じていますか?
チャレンジしていますか?

 

先日、お客様からの要望で「胃が痛くなる」ようなプレッシャーを感じました。

最初は「マジかよ」とかなり重い気持ちになりましたが、やるしかないなと腹を括って取り組んだのです。
その経験から、対処法を記録しておきます。

プレッシャーに負けないための対処法

年末に日頃から一番お世話になっているお得意様から、大きな仕事を頂きました。しかしその代わりに条件をつけられたのです。

それは「その会社のキャンペーンを成功させること」

大きなプレッシャーに押し潰されそうになりました。

 

プレッシャーがあまりにも大きくて、動機が激しくなりドキドキして逃げ出したくなるくらいです。

どうしよう。でもやるしかない。

ここで自分がどうやったのか?今後そんな時、どのように対処すれば良いのか?

 

そもそも人はなぜプレッシャーを感じるのか?

相手の期待に応えられるか不安だから感じるものだ。

お客様や上司など、周りの人から期待され、その仕事を任されたが、出来るかどうか不安で、そのプレッシャーを感じるのだ。

できるかどうか不安。この不安がプレッシャーになるのである。

 

でも、これこそ成長の証なのである。

だから、プレッシャーを感じた時、逃げ出したくなった時は、ここで踏ん張らないといけない。
それは、かなり大きく成長するチャンスだからだ。

 

どうしたらプレッシャーに打ち勝てるのか?

答えは簡単!とにかく動く。

ホームランを狙うのではなく、確実に次に繋げる事を心がける

もちろん期待される最高の条件を満たせれば良いわけだから、そのために考えられることは、出来る限り全てやってみれば良い。

だから、動いてみるんです。
考えてばかりじゃあ何も始まりません。

 

何かとりあえず動けばいいなんてバカらしい!
もっと計画してやったほうがいいじゃん!と思うかもしれません。

そりゃあそうなんだけど、その準備も考えてるだけじゃダメで
計画を実際に行動に移さないと意味がない。

準備だけして、失敗を恐れて動けないことなんていっぱいあるわけだから、
どうやったら、うごけるのか?を考えなければいけない。

 

すべては計画通りいかない

計画しても、すべてその通りには行かない。だから、計画もある程度でいいわけです。

計画も精密な方がイメージしやすいですが、計画も60〜70%ぐらいのイメージがいちばん良いんだと思います。

行動しながら、修正をかけていくというイメージのほうが上手くいく。

 

その時、その状況次第で変化していきますからね。

今までやったことの無い仕事をすると、大きく成長出来るチャンスです。

それでもプレッシャーを感じると怖いんだけど、絶対に無理なことなんて無いですから、まずは出来るかもしれない。という可能性を信じて、どうすればいい出来るのか?を計画して、行動してみて下さい。

 

プレッシャーさえも楽しむこと

プレッシャーは一流になれば必ず感じます。

プレッシャーは自分が挑戦しているときに感じるのですから
一流の人はそのプレッシャーを誰よりも乗り越えているということです。

しかし、そのプレッシャーさえも楽しむこと。

 

プレッシャーを感じるときの緊張感。
腹の下を常に引き締めたような状態が続きます。

これを乗り越えれば、「新しい自分」に出会える。
そして、お客様の信頼を得ることが出来る。

 

人生を生きる上で、心地よい緊張感と充実感を感じることが出来るのは
この適度なプレッシャーを感じて、挑戦したことで得られるのです。

このプレッシャーや緊張感でさえも楽しんでしまいましょう!

 

今回のまとめ

プレッシャーを感じる。その頼まれた仕事の責任が重い。
そんな中で、ため息をつきながら仕事をする訳にはいきません。

成功を信じて、とにかく行動あるのみです
どうやったら成功できるのか?動きながら計画をしていきましょう。

 

そして、そのプレッシャーを乗り越えた時
大きく成長した「あなた自身」と
お客様からの絶大な信頼を得ることが出来るのです。

この充実した瞬間を楽しんで「プレッシャー」さえも味方にするのです。

 

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - ノウハウ