*

できる営業マンの「時間術」 効率を高めるコツ

      2017/03/26

スポンサードリンク

 

質問者の写真
こんにちはー。川瀬です。 今日も元気にいきましょ!  はじめての方はこちら

 

こんにちは。川瀬です。

時間は有限です。

忙しい人も暇な人も、お金持ちも貧乏な人も1日は同じ24時間です。

 

お客様にしっかり時間をかけて対応したい!でも、時間が無い!

ビジネスをやっている以上、時間生産性を求められます。

 

時間当たりの売上をどれだけ多くすることが出来るのか?ということです。

 

できる営業マンの時間術

ゆとりある仕事をするためのコツを紹介していきます。

 

そもそも、できる営業マンは抱える仕事が多いです。

しかし、1日24時間は変えられないので
どれだけ効率よく売り上げに効果的な行動をするのか?が求められます。

 

ただし、効率ばかり求めると
新しい仕事を得るチャンスが無くなるので悩みどころです。

なぜかというと、効率よく仕事をしている最中は、極限に目の前の仕事に集中している状態ですから、ほかに目を向けられません。

 

しかし、できる営業マンはコミットした売上を達成すべく、多くの仕事をこなそうとします。

でも、時間がない。どうするのか?

 

効率よく多くの仕事をこなすためにはとにかく「朝」です。

 

できる営業マンは、朝早く仕事をスタートさせる!

誰よりも朝早く出勤しよう!

 

例えば朝、始業時間よりも1時間早く出社すると

きっと、誰もいないオフィスで集中して仕事をすることが出来ます。

誰もいいないのですから、誰にも話しかけられることもないですし、お客様からの連絡もない。

誰にも邪魔されることがないんです。

 

ということは、自分の仕事に集中できる!ということです。

これでかなりの仕事をこなすことが出来ます。

 

できる営業マンはこの「朝」の重要性を知っています。

 

この「朝」の時間を有効に使えば

同じ1時間でも大きな差が出てきますから、ぜひ取り組んでみてください!

 

朝が起きられない理由とは?

こんな反論が聞こえてきます!

朝起きるのがキツい。朝は弱いので無理です。

という人がいますけど本当ですか?

 

もしもこれが楽しい旅行や好きな趣味なら、朝5時でも起きるんでしょ?

仕事が嫌いなんですか?

そんな言い訳は要りません。

ぜひ朝を有効に使って下さい。

 

できる営業マンであっても、1日24時間は変わりません。

どうやって「時間」を作り出しているのか?

それは間違いなく「朝」なんですよ。

 

この「朝」の「時間を有効に使うことが「時間術」なんですよ。

 

ちなみに1時間早く出社するだけなんで、無理なことはないはずです。

9時始業なら8時に出社すればいい。

でも、通勤に1時間使ってるのなら、ちょっと大変かもしれませんけど、それでも6時に起きれば間に合うでしょ?

 

どうしても「朝は苦手なんですよ。」とか

「朝起きられない」というなら、早く寝れば良いんです。

 

そもそも通勤に1時間も使っているなら
その時間を別のことに使えますよ。

もしくは転職をお勧めしますね。

 

ちなみに早く出社したら、夜遅くまでウダウダ仕事しないように。

朝早く着て、早く帰りましょう。

これって、めちゃくちゃ健全ですし効率的ですよ。

 

なぜ夜じゃ駄目なのか?という人も居ます

もちろん夜が駄目じゃ無いです。

業界によっては「夜」がゴールデンタイムかもしれませんね。

 

いくら遅くても夜10時くらいまでに終わらせることが出来れば

次の朝に6時に起きることが出来ますよ。

 

でも夜の仕事は効率が悪いんです。

 

その理由は

①終わりの時間が決まってないので仕事をダラダラしてしまう

②1番疲れている時間帯なので集中出来ない

 

人間の集中力って凄いんですが、この1時間でこれをやってしまおうと思ったら、出来てしまうものなんです。

でも、この仕事が出来るまで頑張ろう!とかだと集中力も散漫で、なかなか進まない。

 

質問者の写真
今回の記事をまとめると!これがポイント! 

効率を上げて、売上を上げる。そのためには「朝」を活用しよう!

特におすすめなには「朝の1時間」を有効に使いましょう。

それだけで確実に効率も上がって「売上」が上げれる

できる営業マンになることができます!

 

これができる営業マンの「時間術」なのです。

 

 

スポンサードリンク

 

ご案内もろもろ

はじめての方へ
このブログについての想い

営業のすべてをここにまとめました。
売れる営業マンになる方法

営業マニュアルとして20年間の経験をまとめました。
ロジカルセールスシークレット

営業として勉強するならこちら
営業マンへ「おすすめの本」

 

 - 心得・コツ